3分で分かるUSB、USB-C、Lightningの違い

USBって何?

“USB “とは、”Universal Serial Bus “の略で、コンピュータや周辺機器と他のコンピュータとの接続、通信、電源供給(インターフェイス)のためのケーブル、コネクター、プロトコルなどの仕様を定めた技術規格のことである。

現在、USBコネクターの種類は、USB-A、Mini-B、Micro-B、Lightning、USB-Cが一般的である。

2000年以前に生まれた方であれば、これらの充電コネクターはすべてご存知でしょう。

Type-AとType-BのStandard、Mini、Microバージョンは、Type-Cがリリースされる前のデスクトップまたはポータブル機器向けのデフォルトまたは標準フォーマットです。

USB-A

USB-Aは、一般にUSBまたはタイプAと呼ばれています。最も象徴的でよく知られたコネクタ=です。USB-Aポートは、ノートパソコンやアダプターに搭載されていることが多く、データや電源の入力を受けることができます。USB-Aは、今後の技術的ニーズを満たすにはサイズやピン数で優位性がないため、市場から徐々にフェードアウトしつつあります。

 

マイクロUSB

2009年、Micro USBは耐久性に優れ、サイズがスリムなMini USBに代わり、2014年までにUSB-Cの仕様が確定するまで、世界の充電コネクター標準となりました。Mini USBは、モバイル機器やポータブル機器の劇的な薄型化に合わせ、モバイル機器向けに設計されました。

 

ライトニング

Lightningは、2012年からApple専用のコネクターインターフェースとして採用されています。Lightningの最大の特徴は、リバーシブルに接続できることでしょう。Appleのデバイスの仕様がより高度になり、電力需要が高まったため、AppleはiPadとMacBookにUSB-Cを導入しました。AppleはいずれiPhoneやAirPodsからLightningコネクターを外すという説があります。

 

USB-C

タイプC、USBタイプCとも呼ばれる。2015年以降、Nintendo Switch、Androidスマートフォン、MacBook、iPadなど、USB-Cコネクターを製品に導入する電機メーカーが増えている。最新のUSB規格やPD規格によると、USB-Cは40Gbpsのデータ転送速度や48V/5A(240W)の電力供給に対応できるため、USB-Cの用途はより多様化し、家電などの高出力機器に組み込まれる可能性があることを伝えている。

 

将来の世界標準コネクター、USB-C

USB-Cは、1996年以来、USBの不可逆的な挑戦など、多くの制限に取り組んでいます。USB-Cは、その汎用性と高効率性により、まもなく真のグローバルスタンダードコネクターとなることが期待されます。

USB-Cへのコネクター統一は、高性能・高効率に加え、ケーブルの再利用や機器間の共有を可能にし、電子廃棄物の削減や資源利用効率の向上など、より持続可能で責任ある消費のあり方に貢献します。

 

超耐久性(15000回以上の屈曲テスト済み)のInnergie充電ケーブル

C-C 1.8m 100W PD 5A E-Marker急速充電ケーブル

C-L 1.8m 3A急速充電ケーブル

最新文章

カテゴリー